ジュウケツキュウチュウ(英語表記)schistosome

翻訳|schistosome

改訂新版 世界大百科事典 「ジュウケツキュウチュウ」の意味・わかりやすい解説

ジュウケツキュウチュウ (住血吸虫)
schistosome

扁形動物吸虫綱の住血吸虫科Schistosomatidaeに属する寄生虫の総称ヒトを固有宿主とするもののなかで重要なものは,ニホンジュウケツキュウチュウSchistosoma japonicum
マンソンジュウケツキュウチュウS.mansoni,ビルハルツジュウケツキュウチュウS.haematobiumの3種である。いずれも雌雄異体である。前2種は門脈内に寄生するため,虫卵の栓塞によって,腸管壁,肝臓その他の臓器組織に虫卵結節が形成される。これが病害作用のおもな原因となるもので,たとえば肝臓では肝繊維症,肝硬変をきたす。ビルハルツジュウケツキュウチュウは骨盤部静脈に寄生し,雌虫は膀胱壁,尿管壁で産卵するため,血尿や膀胱炎の原因となるほか,膀胱癌を誘発するともいわれている。日本住血吸虫症は,かつて日本でも甲府盆地などに流行がみられたが,現在は中国大陸,フィリピンなどに流行地が存在する。マンソンジュウケツキュウチュウはアフリカプエルトリコ,ブラジルなどの中南米に,ビルハルツジュウケツキュウチュウはアフリカ,中近東などに分布する。これらのほか,鳥類に寄生するジュウケツキュウチュウがあり,それらの幼虫ケルカリア)がヒトに侵入して皮膚炎の原因となることがある。
ニホンジュウケツキュウチュウ
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ジュウケツキュウチュウ」の意味・わかりやすい解説

ジュウケツキュウチュウ(住血吸虫)【ジュウケツキュウチュウ】

吸虫綱住血吸虫科に属する扁形動物の総称。すべて寄生性。雌雄異体で,人間や他の哺乳(ほにゅう)動物,鳥類の血管内に寄生。人体寄生虫は,ニホンジュウケツキュウチュウのほか,ビルハルツジュウケツキュウチュウ(アフリカや西アジアなどに分布),マンソンジュウケツキュウチュウ(アフリカや中南米などに分布)が有名。→キュウチュウ
→関連項目駆虫薬

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のジュウケツキュウチュウの言及

【寄生虫】より

…なお,これらの家畜のほか実験動物にも多数の寄生虫が存在している。【小島 荘明】【本好 茂一】
[寄生虫病の歴史]
 中国の寄生虫病についての歴史は非常に長く,湖南省長沙の馬王堆1号漢墓の女性の死体からジュウケツキュウチュウ(住血吸虫)卵が,湖北省江陵の鳳凰山168号墓の男性死体からジュウケツキュウチュウ,ベンチュウ(鞭虫),ジョウチュウ(条虫)の卵が検出され,前2世紀ごろの中国では寄生虫に広く汚染されていたと推定されている。文献上でも《史記》の倉公伝など,古くから寄生虫についての記載があるが,寄生虫病についても詳しく記載している《諸病源候論》によると,7世紀初頭には伏虫,蚘虫,白虫,肉虫,肺虫,胃虫,弱虫,赤虫,蟯虫の9種の寄生虫が知られていた。…

※「ジュウケツキュウチュウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android