ステロイドアルカロイド

化学辞典 第2版 「ステロイドアルカロイド」の解説

ステロイドアルカロイド
ステロイドアルカロイド
steroidal alkaloid

構造上ステロイドの誘導体とみなされるアルカロイド総称.ナス科Solanum属,Lycopericum属より得られるソラヌムアルカロイド,シュロソウ科Veratrum属および近縁植物より得られるベラトルムアルカロイド(この一群はC-ノル-D-ホモステロイド骨格をもつ),キョウチクトウ科Holarrhena属のクルチアルカロイド,および動物起源のサマンダリンや,ガマ毒のバツラコトキシンなどがこれに属する.とくに動物起源のものには強力な毒物が多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android