センセーショナル

精選版 日本国語大辞典 「センセーショナル」の意味・読み・例文・類語

センセーショナル

〘形動〙 (sensational) 世間興味を引いたり、世間をあっといわせたりするさま。
※文学雑話(1908)〈夏目漱石〉「刺戟の強い、殆んどセンセーショナルに近い場ばかり並べてあるにも拘はらず、それが非常にナチュラルで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「センセーショナル」の意味・読み・例文・類語

センセーショナル(sensational)

[形動]大衆の興味や関心をあおりたてるさま。「センセーショナル新聞記事
[類語]扇情的刺激的ファナティック仰仰しい誇大大袈裟オーバー大層事事しい大仰おおぎょう針小棒大尾鰭を付ける御大層らしい大層らしい見栄を張る虚勢を張る気を持たせるもったい振る体裁振る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android