センナ葉(読み)センナよう

百科事典マイペディア 「センナ葉」の意味・わかりやすい解説

センナ葉【センナよう】

生薬。マメ科植物のホソバセンナまたはセンナの乾燥小葉。日本で使用されるのはほとんど前者で,チンネベリ・センナともいい,インドから輸入。卵状披針形,淡灰黄〜淡灰黄緑色。下剤として粉末,シロップなどを用いる。有効成分はセンノサイドAおよびBなどのアントラセン誘導体やその配糖体
→関連項目下剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android