ソースコード(読み)そーすこーど(英語表記)source code

デジタル大辞泉 「ソースコード」の意味・読み・例文・類語

ソース‐コード(source code)

プログラミング言語によって書かれた、コンピュータープログラムコンパイラーアセンブラーで翻訳して用いる。ソースプログラム原始プログラム。→オブジェクトコード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ソースコード」の意味・わかりやすい解説

ソースコード
そーすこーど
source code

コンピュータのプログラムのもとになる文字列のこと。プログラム言語(プログラミング言語)で記述される。ソース、ソース・プログラム、原始プログラムなどともいう。

 二進数や十六進数で表される機械語と異なり、人間でも理解しやすいプログラム言語で記述され、それぞれの言語の文法に従って書かれる。逆にそのままではコンピュータはプログラムとして認識できないため、アセンブラコンパイラなどのソフトウェアにより機械語に翻訳することで、プログラムとして利用できるようになる。翻訳後のプログラムは、オブジェクトプログラムobject programやオブジェクトコードobject codeという。

 ソースコードは知的財産権のうえから重要な企業秘密となる。したがって市販されている一般的なパソコンソフトなどでソースコードが提供されることはほとんどないが、一部のソフトウェアでは改良や修正、再頒布などを目的にオープンソース化されているものもある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典 「ソースコード」の解説

ソースコード【source code】

人間に理解しやすいプログラミング言語で、コンピューターが処理すべき一連命令プログラム)を記述したもの。コンパイラーアセンブラーなどでコンピューターが直接実行できる形式機械語)に変換される。⇔オブジェクトコード ◇略して「ソース」ともいう。また、「ソースプログラム」「原始プログラム」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「ソースコード」の解説

ソースコード

プログラミング言語で記述されたテキストのこと。ソース、コード、ソースプログラム、原始プログラムとも呼ぶ。エディターなどのソフトウェアを使って作成する。記述したプログラムを実際に動作させるには、コンピューターが理解できる2進数の機械語の実行ファイルに変換する必要がある。ソースコード全体をまとめて変換するタイプのプログラミング言語をコンパイル型、1行1行実行していくタイプのプログラミング言語をインタープリター型という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android