タハジュラット神殿(読み)タハジュラットシンデン

デジタル大辞泉 「タハジュラット神殿」の意味・読み・例文・類語

タ‐ハジュラット‐しんでん【タハジュラット神殿】

Ta' Ħaġrat》地中海中央部の島国マルタ共和国にある先史時代の巨石神殿マルタ島北西部の町イムジャール近郊に位置する。紀元前3600年から3200年頃に建造された大小二つの巨石構造物があり、多数の陶器石灰岩による神殿の模型などが発掘されている。1980年と1992年に、マルタ島のイムナイドラスコルバタルシーンハジャーイムゴゾ島ジュガンティーヤとともに「マルタの巨石神殿群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android