タブレット型端末(読み)タブレットガタタンマツ

デジタル大辞泉 「タブレット型端末」の意味・読み・例文・類語

タブレットがた‐たんまつ【タブレット型端末】

tablet-type device液晶ディスプレーなどの表示部分にタッチパネルを搭載し、指で操作する携帯情報端末の総称。パッド型端末。タブレット端末タブレット型情報端末。タブレットデバイス。メディアタブレット。
[補説]タブレットパソコンとほぼ同義だが、タブレットパソコンが通常のパソコンのオペレーティングシステム(またはその派生版)を採用し、ノートパソコンのキーボードを省いて、小型軽量化を進めたものであるのに対し、タブレット型端末はスマートホンデジタルオーディオプレーヤー延長として、タッチパネルなどのユーザーインターフェースやインターネットの通信機能を維持したまま、ディスプレーを大型化し、メディアプレーヤーとしての使いやすさを充実させたものといえる。前者は主に2000年にマイクロソフト社が提唱したタブレットPC構想に基づく一連コンピューターをさし、後者は2010年にアップル社が発表したiPadに代表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「タブレット型端末」の意味・わかりやすい解説

タブレット型端末
たぶれっとがたたんまつ

タッチパネル機能をもつ液晶ディスプレーを主なインターフェースとして、指やペンなどで操作できるパソコンや携帯端末のこと。持ち運んでモバイル環境で使われることが多い。

 タブレットパソコン(タブレットPC)とよばれることもあるが、その場合、マイクロソフトWindows(ウィンドウズ) OSなどのパソコン用オペレーティングシステム(OS)がベースになっていることが多い。それに対して、一般的なタブレット型端末はモバイルに特化したOSが使われる。アップルのiPad(アイパッド)をはじめ、グーグルGoogleのAndroid OSを搭載した製品など、数多くのタブレット端末が出ている。そこに携帯電話機能を付加し、機能強化したものがスマートフォンになる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android