ツノモ(角藻)(読み)ツノモ(英語表記)Ceratium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ツノモ(角藻)」の意味・わかりやすい解説

ツノモ(角藻)
ツノモ
Ceratium

鞭毛生物,渦鞭毛藻目ムシモ科。ツノオビムシともいう。淡水産,汽水産,海産のものが知られている。浮遊生活をする。各細胞は十数枚の殻片に囲まれ,各片には網目模様がみられる。頂に1本下方に3本の角を突出する。しばしば下方の3本が湾曲して上方に向うものもある。また殻片のつくる溝には鞭毛があり,その運動で遊泳する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android