ツルツゲ(読み)ツルツゲ(英語表記)Ilex rugosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ツルツゲ」の意味・わかりやすい解説

ツルツゲ(蔓黄楊)
ツルツゲ
Ilex rugosa

モチノキ科の常緑小低木。日本各地の亜高山帯の針葉樹林内に生える。茎は細長く稜角があり,長さ 50cm内外,地に伏し多くの枝を出す。葉は互生し,長楕円形または披針形で長さ2~3cm,まばらな鋸歯がある。葉は革質で硬く上面は暗緑色,下面は淡緑色をしている。雌雄異株で,7月頃,葉腋に4弁の小白花をつける。花後,径 5mmほどの赤色球形の核果を結ぶ。同属イヌツゲ (犬黄楊)山地に生えるが,高さ 1.5~3mになり,庭木としても栽植される。核果は黒く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android