デービソン(英語表記)Davison, Henry Pomeroy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「デービソン」の意味・わかりやすい解説

デービソン
Davison, Henry Pomeroy

[生]1867.6.13. ペンシルバニア,トロイ
[没]1922.5.6.
アメリカ合衆国の銀行家。1891年アスター・プレース・バンクに入行し,出納係をふりだしに同行頭取昇進。1899~1902年リバティ・ナショナル・バンク頭取を務め,1902年ファースト・ナショナル・バンク副頭取に選ばれた。以後 J.P.モルガン商会役員,バンカーズ・トラスト会長,ファースト・セキュリティ理事,アメリカン・フォーリン・セキュリティ理事,鉄道会社ニュージャージー・アンド・ニューヨーク・レールロード役員などを歴任。1913年ペンシルバニア大学で法学博士号を受けた。1917~19年アメリカ赤十字会長,1919年赤十字社連盟(→国際赤十字・赤新月社連盟)会長となった。

デービソン
Davisson, Clinton Joseph

[生]1881.10.22. イリノイブルーミントン
[没]1958.2.1. バージニア,シャーロッツビル
アメリカの物理学者。シカゴ大学卒業。プリンストン大学で学位を取得後,カーネギー工科大学で物理を教える。第1次世界大戦を契機として,ウェスターン・エレクトリック研究所 (ベル電話研究所の前身) に就職 (1917~46) 。ある種のパテント論争に決着をつけるために,金属に電子線を当て反跳電子を測定する実験を開始。 1927年 L.ジャーマーとともにニッケル単結晶に電子線を当てて回折現象を観測し,電子の波動性を実証した (→デービソン=ジャーマーの実験 ) 。 37年 G.P.トムソンとともにノーベル物理学賞受賞。

デービソン
Davison, William

[生]1541頃
[没]1608.12.24. ステプニー
イギリスの外交官政治家。 1575年オランダ駐在官,83年スコットランド駐在官を経て,86年枢密顧問官,国務大臣となる。翌年メアリー・スチュアート処刑の際,女王の許可なく彼女の死刑執行令状を発給したとしてエリザベス1世の怒りを買い,投獄され罰金を科せられた。 89年釈放されたが,政界引退

デービソン
Davison, John Carrol

[生]1843
[没]1928
アメリカのメソジスト監督教会宣教師。 1873年に来日して長崎に美以教会を創立した。活水女学校,カプリ英和学校 (鎮西学院) の創立に尽力。 74年には『賛美のうた』,次いで『賛美歌』 (1877,78) ,『基督教聖歌集』 (84,最初の譜付賛美歌) を出版した。現行賛美歌 158『あめには御使,喜びうたえ』は彼の作詞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android