トーンカーブ(読み)とおんかあぶ

デジタル大辞泉 「トーンカーブ」の意味・読み・例文・類語

トーン‐カーブ(tone curve)

フォトレタッチソフトによる画像処理で、明るさ・色調コントラストなどを直感的に補正するためのグラフ。補正前の元画像のさまざまな階調を曲線グラフで表し、これを上下に動かしたり、カーブを変化させたりすることで、元画像と比較しながら補正する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典 「トーンカーブ」の解説

トーンカーブ

画像内の入力に対する出力濃度変化を表わしたカーブ。トーンカーブが45°の場合直線で表わされ、画像の濃度は変わらない。写真などの自然画像の明るさやコントラストを調節するときは、トーンカーブによる補正のほうが、レベル補正よりもきめこまかい調整がしやすい。Adobe Photoshopなどの画像処理ソフトでサポートしている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典 「トーンカーブ」の解説

トーンカーブ

tone curve。 フォトレタッチソフト で画像の明暗や 階調 、色調を調整するときに使用される機能横軸が入力、縦軸が出力で調整前は45°の直線。このライン傾き位置を変えることで明るさなどの微調整を行うことができる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

推し

他の人にすすめること。また俗に、人にすすめたいほど気に入っている人や物。「推しの主演ドラマ」[補説]アイドルグループの中で最も応援しているメンバーを意味する語「推しメン」が流行したことから、多く、アイ...

推しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android