ニューカレドニア(読み)ニューカレドニア(英語表記)New Caledonia

翻訳|New Caledonia

百科事典マイペディア 「ニューカレドニア」の意味・わかりやすい解説

ニューカレドニア[島]【ニューカレドニア】

南西太平洋,オーストラリア東方に位置する北西から南東に細長い仏領の島。フランス語ではヌーベル・カレドニー。行政上は周辺のパイン諸島ローヤルティ諸島などを加える。ニッケル鉱の産額は世界有数で,大部分は日本へ輸出する。クロム鉄鉱も産する。他にコーヒー,コプラトウモロコシ農産もある。主都は南部のヌーメア。 1774年クックが来航した。1853年フランスが占領し,19世紀後半流刑植民地として政治犯が送られた。先住民のカナク人による独立運動がカナク社会主義民族解放戦線(FLNKS)を中心に続けられており,1988年にはFLNKSと独立反対派との間で,1998年に独立の是非を問う住民投票を行う,とのマティニョン協定が結ばれ,協定はフランス,ニューカレドニア双方の住民投票で承認された。さらに1998年には,今後15〜20年かけて徐々に自治を拡大していき,最終的には独立の是非を問う住民投票を新たに実施する,とのヌーメア協定がフランス政府,FLNKS,独立反対派の間で結ばれ,住民投票でもこの合意が支持された。1万8575km2。26万8767人(2014)。
→関連項目カナカフランス南太平洋委員会南太平洋フォーラムメラネシアローヤルティ[諸島]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ニューカレドニア」の意味・わかりやすい解説

ニューカレドニア
New Caledonia

南太平洋南西部にあるフランス海外領。フランス語ではヌーベルカレドニー Nouvelle-Calédonie。ニューカレドニア島ロワヨテ諸島パン島,ベレップ島のほか,チェスターフィールド諸島,ヒュオン島,ウォルポール島などの無人島を含む。主島ニューカレドニア島が面積,人口とも 80%以上を占める。首都はヌメア。1774年にジェームズクックが来航,1853年にフランス領となり,1864~97年の流刑植民地や島民抗争の時期を経て,1946年にフランス海外領となった。フランスからの総督のもとに現地行政機関があり,1976年にさらに内政自治が強化された。しだいに独立運動が盛んになり,1988年より独立派,反独立派,フランス政府の 3者間で,独立の是非や自治権拡大についての協議が始まった(→ニューカレドニア独立運動)。自給農業のほか主産業はニッケルの採掘と精錬で,次いで観光,牧牛,コーヒー,ココナッツ栽培,木材生産などがある。ニッケル鉱および精錬ニッケルは輸出額のほとんどを占め,フランス,日本,アメリカ合衆国などへ輸出される。住民はメラネシア系のニューカレドニア人,ヨーロッパ系住民,そのほか (おもにベトナムインドネシアフランス領ポリネシア,ワリス諸島などからの移入労働者) である。周辺のサンゴ礁は,その生物多様性と生態系を評価され,2008年世界遺産の自然遺産に登録された。面積 1万8575km2。人口 25万5000(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「ニューカレドニア」の解説

ニューカレドニア
New Caledonia

オーストラリア大陸の東,南西太平洋にあるメラネシアの島。1774年クック(ジェームズ)がヨーロッパ人として初めて来航。1853年フランス領となり,64年から流刑民が送られた。1960年代から先住民による独立運動が激しくなり,独立に反対するフランス系住民と対立しているが,膨大なニッケル鉱山の存在が問題を複雑にしている。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「ニューカレドニア」の解説

ニューカレドニア
New Caledonia

オーストラリアの東にあるフランス領の島
1774年クックが発見。1853年フランス領とされる。現在でも世界有数のニッケルの大産地である。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android