ニュートン式反射望遠鏡(読み)ニュートンしきはんしゃぼうえんきょう

精選版 日本国語大辞典 「ニュートン式反射望遠鏡」の意味・読み・例文・類語

ニュートンしき‐はんしゃぼうえんきょう ‥ハンシャバウヱンキャウ【ニュートン式反射望遠鏡】

〘名〙 対物レンズに大きな凹面鏡を用い、その焦点の少し手前に小さな平面鏡またはプリズムを置いて光を直角に曲げ、筒の側方対眼レンズに導く方式望遠鏡

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ニュートン式反射望遠鏡」の意味・読み・例文・類語

ニュートンしき‐はんしゃぼうえんきょう〔‐ハンシャバウヱンキヤウ〕【ニュートン式反射望遠鏡】

主鏡凹面で反射させた光を、光軸に対して45度に傾けた副鏡平面で再反射させ、鏡筒側面の穴に導いて観測する望遠鏡。1668年、ニュートン考案製作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android