ヌマガヤ(沼萱)(読み)ヌマガヤ(英語表記)Moliniopsis japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ヌマガヤ(沼萱)」の意味・わかりやすい解説

ヌマガヤ(沼萱)
ヌマガヤ
Moliniopsis japonica

イネ科多年草で,カミスキスダレグサともいう。日本,朝鮮半島南千島に分布し,山野湿地や溝の縁に生えしばしば大群落をつくる。根茎は短く,走出枝を出さない。茎は直立し,円柱形で,基部から花穂のところまで節がない。葉は根生および茎上につき,線形で途中でねじれるため表面が下を向き,裏面は上を向く。濃緑色で平滑である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android