ヌメン(読み)ぬめん

世界大百科事典(旧版)内のヌメンの言及

【ローマ神話】より

…そのほか,ギリシアに対応神のない大神格で,物事の初めと門とをつかさどるヤヌス,大地女神テルスをはじめ,開花の神フロラ,結実の神ポモナ等々限られた領域を管掌する神々まで枚挙にいとまない。 これら初期ローマの神々はギリシアの神々とは異なって,個性的輪郭のあざやかな具象的存在者ではなく,神威ヌメンnumenとして,現象の内に潜む意志とその機能として把握され,きわめて慎重な,ときに煩瑣な儀礼をもって対されたが,その誕生が語られることもなければ,神々どうしの結婚も,したがってその系譜が問題とされることもなかった。それゆえしばしば,ローマの宗教には祭儀はあるが神話はない,などといわれるのである。…

※「ヌメン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android