ハインリヒ[3世](読み)ハインリヒ

百科事典マイペディア 「ハインリヒ[3世]」の意味・わかりやすい解説

ハインリヒ[3世]【ハインリヒ】

ザリエル朝ドイツ国王(在位1028年―1056年,単独統治は1039年より),神聖ローマ皇帝(在位1046年―1056年)。黒王と称される。コンラート2世の子。計画的な王領地経営と帝国家人の登用王権伸張を図り,クリュニーの修道院改革運動に共鳴した。2度イタリアに遠征し,1046年対立する3教皇を廃止して初のドイツ人教皇クレメンス2世を擁立。中世ドイツの最盛期現出
→関連項目ゴスラーハインリヒ[4世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android