ハワイ諸島(読み)ハワイしょとう(英語表記)Hawaiian Islands

精選版 日本国語大辞典 「ハワイ諸島」の意味・読み・例文・類語

ハワイ‐しょとう ‥ショタウ【ハワイ諸島】

北太平洋の中央部にある火山列島ハワイマウイ、カホオラヴェ、ラナイ、モロカイ、オアフ、カウアイ、ニイハウの八つの島と一〇〇以上の小島からなる。七世紀ごろからポリネシア人が住みついていたと推定される。一七七八年ジェームズ=クックが上陸し、サンドウィッチ諸島命名。一八一〇年カメハメハ一世が統一王国を完成。一八九八年アメリカ合衆国に併合され、一九五九年ハワイ州となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ハワイ諸島」の意味・読み・例文・類語

ハワイ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ハワイ諸島】

太平洋中央部にある諸島。米国ハワイ州をなす。主島はハワイ島マウイ島オアフ島カウアイ島など。マウナロアキラウエアなどの火山が多い。旧称サンドイッチ諸島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ハワイ諸島」の意味・わかりやすい解説

ハワイ諸島
ハワイしょとう
Hawaiian Islands

北太平洋中央部にある火山島群。アメリカ合衆国ハワイ州に属する。八つの大型島と 124の小島嶼からなる。大型島はいくつかの楯状火山が集まったもので,西から東に,ニイハウ島カウアイ島オアフ島モロカイ島ラナイ島カフーラウェ島マウイ島ハワイ島がある。南東部に位置するこれらの島々は新しく高い山地をもつが,レイザン島,ガードナー島など北西部の島は古く浸食によって海面下に没したものも少なくない。火山は玄武岩からなり,ハワイ島のマウナロア(4169m)とキラウエア山(1250m)は活火山である。北半球の貿易風帯にあり一年を通じて暖かく,風上にあたる東側では雨量が多く森林に覆われているが,風下の西側または南側は乾燥し,サバナのところもある。北西部に幅約 160km,長さ約 1931kmにわたって連なる小島嶼や環礁は 2006年パパハナウモクアケア海洋国定記念物に指定され,2010年には世界遺産の自然遺産と文化遺産の複合遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android