バンダレアッバース(英語表記)Bandar-e Abbās

デジタル大辞泉 「バンダレアッバース」の意味・読み・例文・類語

バンダレ‐アッバース(Bandar 'Abbās)

バンダルアッバース

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「バンダレアッバース」の意味・わかりやすい解説

バンダレアッバース
Bandar-e Abbās

イラン南部,ホルムズガーン州の州都。ホルムズ海峡北岸にのぞむ港湾都市バンダルは港の意。住民はおもにアラブ系と黒人系。以前の主要な貿易業者の末裔。 1623年アッバース1世が建設し,17世紀にはペルシアの主要港として人口4万人を数えた。サファビー朝衰退とともに衰微し,18世紀にブーシェル港にその地位を譲った。 20世紀に約 20km西に新港が建設され,現在は機械類を輸入し,絨毯石油を輸出する。人口 24万 9504 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android