バントゥー族(読み)バントゥーぞく(英語表記)Bantu

翻訳|Bantu

改訂新版 世界大百科事典 「バントゥー族」の意味・わかりやすい解説

バントゥー族 (バントゥーぞく)
Bantu

バントゥーというのは単独の部族をさすのではなく,バントゥー諸語に含まれる言語を話す人々の総称で,バントゥー語系諸族といってもよい。バントゥー諸語の分布は,アフリカ西部のカメルーンからアフリカ東部,さらにアフリカ南部までというように,アフリカ大陸の1/3という広い範囲に広がっている。その全体の人口は4500万,言語の数は600以上に分かれるという。バントゥーはおそらくナイジェリアとカメルーンの国境周辺のベヌエ川流域に起源地をもったが,紀元前に南東に移住し,コンゴ盆地の熱帯降雨林に入り込んだと考えられる。さらに一部は森林を通過し,コンゴ民主共和国南部のシャバ州に定着した。次いで,バントゥーは人口爆発を起こし,何度もの移住の波に乗って,アフリカ東部や南部に進出した。それには,ヤムイモ,タロイモ,バナナなどの東南アジア原産の作物を取り入れ,熱帯降雨林における農業の生産が急増したことが要因にあげられる。

 一方,冶金の技術や牛の飼育を行うバントゥー系の半農半牧民,牧畜民南下を開始し,ザンベジ川を越え,14~15世紀には南アフリカナタール州まで到達した。彼らは王制観念をもっていて,ズールースワジなどの中央集権的王国を形成した。バントゥーの伝統的な政治組織はクバ王国のような国家連合組織から,首長のない村落連合のレベルまでバラエティに富んでいる。しかし,いずれも比較的に歴史が短く,首長の権威出自に基づき,支配者の家系に基礎を置くという類似の構造をとっている。バントゥーは文化的にも共通性が認められ,すぐれた冶金技術は豊かな仮面や彫刻の芸術を生んだ。コンゴ民主共和国のクバ族ルバ族ガボンのファン族などの表現性に満ちた彫刻は有名である。しかし,それらは祖先像の場合,決して単なる芸術にとどまらず,共同体を守護する神秘力の持主である祖先の,生と死の意味を統合したものである。このような祖先崇拝や祖霊の信仰は,バントゥーの文化には一般的なものである。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のバントゥー族の言及

【アフリカ】より

…アフリカは面積3030万km2,人口7億2036万(1996),面積ではアジアに次ぐ世界第2の大陸である。赤道をはさんで同心円状に,熱帯雨林,サバンナ,砂漠,地中海気候帯と多様な自然をもっている。サハラ砂漠をはさんで,北は西アジア・地中海世界とひとつづきのハム・セム系の文化をもつ白人(コーカソイド)が支配的な白人アフリカ,南は,ピグミーやコイサン(サン,コイ・コイン)の非黒人先住民と,おそらく北西部から移住拡散した黒人(ニグロイド)の世界,すなわち黒人アフリカである。…

【コンゴ民主共和国】より

…現在,ピグミーは北東部のイトゥリの森林のほか,各地に分散して居住している。その後バントゥー族が侵入し,1482年にポルトガルの航海者がコンゴ河口に到着したとき,大西洋沿岸には数々の諸王国が存在していたが,なかでもコンゴ王国は最盛期を迎えていた。当時のコンゴ王国は大西洋岸からクワンゴ川まで,今日のアンゴラ北部,ザイール西部,コンゴ人民共和国南部にかけて,広い領域を支配した。…

【ザンビア】より

…正式名称=ザンビア共和国Republic of Zambia面積=75万2614km2人口(1996)=971万人首都=ルサカLusaka(日本との時差=-7時間)主要言語=英語,ニャンジャ語,ベンバ語,ロジ語,カオンデ語,ルンダ語,ルバレ語,トンガ語通貨=ザンビア・クワチャZambian Kwacha南部アフリカの北辺にある共和国。旧イギリス領北ローデシアNorthern Rhodesia。北から時計回りにコンゴ民主共和国,タンザニア,マラウィ,モザンビーク,ジンバブウェ,ナミビア,アンゴラに囲まれ,海をもたない。…

※「バントゥー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android