パルメニデス(英語表記)Parmenidēs

精選版 日本国語大辞典 「パルメニデス」の意味・読み・例文・類語

パルメニデス

(Parmenidēs) 紀元前五世紀の古代ギリシア哲学者エレア学派代表者ゼノンの師。不生不滅・唯一不可分の「有」(または存在)を説き、一切の変化仮象とした。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「パルメニデス」の意味・読み・例文・類語

パルメニデス(Parmenidēs)

[前515ころ~前445ころ]古代ギリシャの哲学者。エレア学派の祖。真に「有るもの」は、唯一・不生不滅・不変不動の充実した完全なものとして球体とされ、一切の変化を仮象と見なした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「パルメニデス」の意味・わかりやすい解説

パルメニデス
Parmenidēs

ギリシアの哲学者。生没年不詳だが,前450年に65歳ほどであったといわれる。南イタリアのエレアの人。エレア学派の祖とされる。その哲学的な教訓詩は,比較的大部断片として残存しているが,それによると哲学の探究には三つの道がある。すなわち,〈ある〉もの,〈あらぬ〉もの,〈あり〉かつ〈あらぬ〉ものをそれぞれ探究する道があるが,〈あらぬ〉ものは探究不可能であるし,また〈あり〉かつ〈あらぬ〉ものは論理的矛盾を含むということで,第2,第3の道は拒否され,第1の道のみが〈真理〉への道として確保される。

 ところで彼のいう〈ある〉もの(ト・エオンto eon)を理解するには,第3の道における何かで〈あり〉,かつ何かで〈あらぬ〉ものが生成変化するものを指していることに気づくべきである。彼のいう〈ある〉とは〈なる〉と対立し,〈なる〉を排除する〈ある〉なのである。彼にとっては〈ある〉という動詞主語に当たるもの,すなわち〈ある〉ものは断じて生成変化しないもの,永遠に同一性を保つものでなければならない。彼のこの考えを命題の形にすると,〈A is A〉ということになり,〈is〉は永遠の自己同一性を示す。AAそれ自身と同じものなのである。もし彼のいう〈ある〉を存在と訳すならば,存在とは,こうした意味での同一性を意味することになる。

 さて彼は徹底的に生成変化を思索の道から排除した。〈あるものは不生にして不滅,全体にして唯一,また不動にして完全なり〉(断片8)。だが,こうした抽象的な唯一の〈あるもの〉では多なるものからなる世界,あるいは宇宙についての説明が成立しない。彼に続いたギリシアの哲学者たちはこのゆえに彼に反抗した。けれども例えば原子論者の原子(アトム)は不生不滅の変化することのないもの,永遠の自己同一性を保持するものである。すなわち多数の原子はパルメニデスの唯一の〈あるもの〉のいわば後継者であるということができる。プラトンのイデアも永遠に〈ある〉ものという意味で同様に〈あるもの〉の後継者なのである。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「パルメニデス」の意味・わかりやすい解説

パルメニデス
ぱるめにです
Parmenidēs
(前515ころ―前445ころ)

古代ギリシアの哲学者。南イタリアの町エレアに生まれる。エレア学派の始祖。富裕な名門の出身で、町の指導者の一人であったらしく、エレア市民のために法律を制定したとも伝えられる。叙事詩の韻律である六脚韻を駆使して『ペリ・フュセオース』(自然について)を書きつづったが、いまは断片が残されているのみである。この著作は、序詩、第一部、第二部といった三部からなっている。序詩は、若いパルメニデスが日の神の娘たちの駆る馬車に乗り、暗い臆見(おくけん)の世界を去って明るい真理の世界へたどり着き、女神から真理と臆見について啓示を受ける、といった寓話(ぐうわ)的な舞台を設定する。第一部は、啓示された真理を歌い、「在るもの」(ト・エオン)があり「在らぬもの」(ト・メー・エオン)はないという前提から、不生不滅、不可分、不変不動であって、完結した丸い球に似ている、といった「在るもの」の属性を引き出し、「在るもの」をわれわれに示す理性のみが真理をとらえ、「多」や生成や消滅や変化を信じさせる感覚は誤謬(ごびゅう)の源であると説く。第二部は、誤謬に満ちた臆見を歌い、感覚の世界は「在るもの」(光)と「在らぬもの」(闇(やみ))という二つの「形体」(デマス)を併置し、両者からあらゆるものを合成するところに生じると説く。こうした思索が当時の思想界に与えた影響は計り知れない。

[鈴木幹也 2015年1月20日]

『藤沢令夫訳『パルメニデス』(『世界文学大系63 ギリシア思想家集』所収・1965・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「パルメニデス」の意味・わかりやすい解説

パルメニデス
Parmenidēs

[生]前515頃
[没]?
古代ギリシアの哲学者,エレア派の代表。『自然』という詩が約 160行残っている。彼は「有るもの」のみがあり,「有らぬもの」はないとの原理に立って,唯一不変の存在者のみを実在と認め,これをとらえる理性による認識を真理 alētheiaとした。これに反して,多や変化は「有らぬもの」を前提とするので実在ではなく,感覚に基づく錯覚であるとし,このような知識を臆見 doxaと呼んで真理から区別した。こうして,彼は存在と非存在,存在と思惟という哲学の重大問題を示唆し,のちの認識論,存在論に大きな影響を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「パルメニデス」の意味・わかりやすい解説

パルメニデス

前5世紀に活動した古代ギリシアの哲学者。エレア学派の祖。不生不滅,唯一不動の〈在るもの(ト・エオン)〉のみを真実在とし,世界の多性と運動とをすべて臆見として否定。〈同一性の哲学〉がここに始まり,原子論やプラトンのイデア論への道をひらいた。
→関連項目ゼノン(エレアの)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「パルメニデス」の解説

パルメニデス
Parmenides

生没年不詳
前5世紀前半の古代ギリシアの哲学者。エレア学派の代表的人物とされる
理性(ロゴス)のみが真理の基準であるとし,世界は分けることのできない唯一・不変不動・不生不滅の存在(球体)であると主張した。ソクラテスやプラトンに大きな影響を与えた。弟子にエレアのゼノンがいる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「パルメニデス」の解説

パルメニデス
Parmenides

前515頃~前445頃

ギリシアの哲学者。生成とは「あらぬもの」が「あるもの」になることだとして,雑多なものの生成を拒否し,永遠に変わらぬ「あるもの」だけが真の意味で存在するという説を立てた。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android