パロスの年代表(読み)パロスのねんだいひょう(英語表記)Parian Chronicle; Marmor Parium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「パロスの年代表」の意味・わかりやすい解説

パロスの年代表
パロスのねんだいひょう
Parian Chronicle; Marmor Parium

パロス大理石碑文とも呼ばれる。大理石にアッチカ方言ギリシア語で刻まれた史料。前3世紀なかば頃パロス島で作られた。アテネの伝説上の王ケクロプスの時代から前 264/3年までのギリシア年代記で,祭典,詩,音楽に関する記述が多く,国制史や戦争に関する記録は少い。その一部はオックスフォードアシュモール博物館に,他の一部はパロス博物館に所蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android