パン・スラブ主義(読み)パンスラブしゅぎ

百科事典マイペディア 「パン・スラブ主義」の意味・わかりやすい解説

パン・スラブ主義【パンスラブしゅぎ】

スラブ民族統一連帯をめざす思想,運動。18世紀末に始まったスラブ民俗学の復興運動が先駆で,19世紀半ばから政治運動に発展。オーストリアトルコ支配から脱しようとする民族独立運動と,ロシア支配下に周辺スラブ民族を吸収・統合しようとする帝国主義的な動向の2潮流があった。前者は多分に反ロシア的であったが,ロシアはパン・スラブ主義をもって東方進出,南下政策を正当化するイデオロギーとした。→スラボフィルバルカン問題パン・ゲルマン主義
→関連項目スラブ派大セルビア主義東方問題

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android