ビクトリア湖(読み)ビクトリアコ(英語表記)Lake Victoria

デジタル大辞泉 「ビクトリア湖」の意味・読み・例文・類語

ビクトリア‐こ【ビクトリア湖】

Lake Victoriaアフリカ東部、ウガンダタンザニアケニアの3国にまたがる湖。面積は6万8800平方キロメートルあり、アフリカで最大、淡水湖では世界第2位である。湖面標高1134メートル。白ナイル源流として知られる。東西大地溝帯に挟まれた古代湖であり、多くの淡水魚の固有種が生息漁業が盛んで、周辺には豊かな農業地帯が広がる。沿岸の主な都市エンテベムワンザキスム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ビクトリア湖」の意味・読み・例文・類語

ビクトリア‐こ【ビクトリア湖】

  1. ( ビクトリアはVictoria ) アフリカのケニア、ウガンダ、タンザニア三国にまたがる湖。海抜高度一一三四メートル、水深約八〇メートル。面積六万八八〇〇平方キロメートルで、淡水湖として世界第二位の広さを持つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ビクトリア湖」の意味・わかりやすい解説

ビクトリア[湖]
Lake Victoria

東アフリカのケニア,ウガンダ,タンザニア3国にまたがり,面積6万9000km2,アフリカ最大,世界第3位の湖。湖面標高は1134m。湖岸線は屈曲に富み,小島が多い。面積の割に水深は浅く,最深点も82mにすぎない。原地名は湖を意味するニャンジャであったが,1858年にイギリス人H.スピーク(1827-64)がヨーロッパ人として初めて〈発見〉し,時のイギリス女王の名を与えた。75年にはH.スタンリーが湖岸の周航を行っている。東アフリカでは降水に恵まれ,ほとんどの部分が年平均1200mmをこえる。西からのカゲラ川のほか,いくつかの流入河川があるが,流出河川は北からのビクトリア・ナイル(白ナイルの上流)だけである。沿岸は豊かな農業地域で,人口も集中している。作物はトウモロコシ,モロコシ,ヒエなどの自給用に加え,綿花,サトウキビコーヒーなどが重要な商品作物である。魚類も豊富で,年間水揚高は10万t近い。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ビクトリア湖」の意味・わかりやすい解説

ビクトリア湖
びくとりあこ
Lake Victoria

東アフリカのケニア、ウガンダ、タンザニア3国にまたがる湖。面積6万9480平方キロメートルで、淡水湖ではスペリオル湖に次いで世界第2位。東西の大地溝帯に沿う隆起帯に挟まれた浅い皿状の凹地にできた湖であるので、最深部でも82メートルしかない。湖面の標高は1134メートルである。西岸を除いて湖岸線は屈曲に富み、ケニア側のカビロンド湾など大きな湾入がある。西方からのカゲラ川をはじめ、周辺の高原から流入する河川は多いが、流出口は北岸のビクトリア・ナイル川のみである。赤道直下にあるこれだけ大きな水体であるので湖陸風が発達し、日中は湖から吹き出す湖風、夜間は周辺の陸地から湖に集まるように吹く陸風がみられる。このため、湖上では夜間に上昇気流が生じて雨が降りやすい。1858年、イギリス人のスピークが「発見」し、これがナイル川の水源かどうかをめぐってバートンとの間で論争があったことは有名。1875年にスタンリーが湖を周航した。1954年、流出口に近いビクトリア・ナイル川にオーエン滝ダムができて湖面の水位が約1メートル上昇した。沿岸は豊かな農業地域で、西岸から南岸にかけてはバントゥー系のガンダ人やスクマ人、ケニアにはナイル語系のルオ人などがトウモロコシ、サトウキビ、コーヒー、ワタなどを栽培する。湖岸にはエンテベ、キスム、ムワンザなどの都市がある。

[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ビクトリア湖」の意味・わかりやすい解説

ビクトリア湖
ビクトリアこ
Lake Victoria

アフリカ大陸中東部の湖。ウガンダタンザニアケニアの国境に位置。アフリカ最大,世界第3位,淡水湖では世界第2位の湖で,タンザニア領水域が最も広く,ウガンダ領がこれに次ぐ。面積 6万9484km2。周囲 3220km。最大水深 82m。湖面標高 1134m。カゲラ川,マラ川をはじめ多くの小河川が注ぐが,流出河川は北岸のビクトリアナイル川のみ。南東部のウケレウェ島をはじめ多くの島があり,風光は変化に富む。魚類が豊富で,湖上運輸とともに水産業が重要。アフリカ人はウケレウェ湖と呼んでいたが,ナイル川の源流探検を試みたイギリスのジョン・H.スピークが 1858年に到達,当時の女王の名にちなんで命名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のビクトリア湖の言及

【アフリカ探検】より

…またD.リビングストンはナイル川とコンゴ川の水系調査に先駆的役割を果たした。ナイルの水源ビクトリア湖は62年スピークJohn Hanning Spekeによって発見され,コンゴ川の水系は76‐77年のH.スタンリーの全コース下航によって明らかとなった。探検家はいずれも探検地の人間と社会について報告することを忘れず,それがヨーロッパ人のアフリカ人認識の基礎となった。…

【ナイル[川]】より

…アラビア語ではニールal‐Nīlと呼ばれる。 ウガンダのビクトリア湖から流れ出た直後,ビクトリア・ナイルと呼ばれる流れはスーダン南部の大沼沢地を抜け,いくつかの流れを集めて白ナイルal‐Nīl al‐Abyaḍとなる。エチオピアのタナ湖から発する青ナイルal‐Nīl al‐Azraqはスーダンの首都ハルツームで白ナイルと合流してナイル本流となって北に向かう。…

※「ビクトリア湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android