フメリニツキー(Bogdan Mihaylovich Hmel'nitskiy)(読み)ふめりにつきー(英語表記)Богдан Михайлович Хмельницкий/Bogdan Mihaylovich Hmel'nitskiy

日本大百科全書(ニッポニカ) の解説

フメリニツキー(Bogdan Mihaylovich Hmel'nitskiy)
ふめりにつきー
Богдан Михайлович Хмельницкий/Bogdan Mihaylovich Hmel'nitskiy
(1595ころ―1657)

ウクライナ独立運動の指導者。通称ジノービーЗиновий/Zinoviy。ポーランド領ウクライナの生まれ。リボフ(現、リビウ)で教育を受け、初めポーランドのコサック軍に入った。1640年代なかばころよりポーランドに対する反乱に着手し、ザポロージエ(現、ザポリージャ)に逃れ、そこでゲットマン(首領)に選ばれた(1648)。1648年にウクライナ民衆が蜂起(ほうき)すると、彼の率いるコサック軍は各地にポーランド軍を撃破し、彼はポーランドとの間に「ズボロフの和」を結んだ(1649)。1651年に戦争を再開したが、彼の軍は敗北した。彼は以前からモスクワ政府に援助を求めていたが、皇帝アレクセイはゼムスキー・ソボール(全国会議)の意向に基づき、1654年にポーランドと開戦し、ウクライナを併合した。彼は、1657年8月6日に故郷のチギリンで死去した。

[伊藤幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android