ブリュアクシス(英語表記)Bryaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ブリュアクシス」の意味・わかりやすい解説

ブリュアクシス
Bryaxis

前4世紀なかばから後期にかけて活躍したギリシア彫刻家カリアに生れてアテネを中心に活躍したと考えられる。スコパスティモテオス,レオカレスらとともに前 350年頃,マウソレイオンの彫刻制作に従事し,北面浮彫を担当したと伝えられる。アレクサンドリアの『サラピス』の作者ほかアテネ考古学博物館の彫像台座の『騎士浮彫』および『ニケ像』が彼の作とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android