ベルリーナー・ツァイトゥンク(英語表記)Berliner Zeitung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説

ベルリーナー・ツァイトゥンク
Berliner Zeitung

1930年代に報道写真発展に注目すべき役割を果したドイツの週刊グラフ雑誌。ウルシュタイン社発行。スタッフには E.ザロモン,A.アイゼンシュテットらのカメラマンがいた。 31年頃の最盛期には 200万の発行部数を誇っていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android