ホザキノシモツケ(読み)ホザキノシモツケ(英語表記)Spiraea salicifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ホザキノシモツケ」の意味・わかりやすい解説

ホザキノシモツケ(穂咲下野)
ホザキノシモツケ
Spiraea salicifolia

バラ科の落葉小低木。高さ1~2mでよく枝分れし,枝にはやや稜角がある。葉は互生し長さ4~8cmの楕円状披針形で,鋭い重鋸歯がある。地下をはう枝があり,これによって繁殖する。夏に,大きな円錐花序をつけ淡紅色の細小花を密に咲かせる。個々の花は小さく径 5mmほどの5弁花で,長いおしべが多数あって目立つ。北海道,本州中北部温帯の山地で水に近いところに群生し,花が一斉に咲くとピンクの雲のようで大変に美しい。日光戦場ヶ原の群落は有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android