ボスニア・ヘルツェゴビナ併合問題(読み)ボスニアヘルツェゴビナへいごうもんだい

百科事典マイペディア の解説

ボスニア・ヘルツェゴビナ併合問題【ボスニアヘルツェゴビナへいごうもんだい】

セルビア人の多く居住するこの地方帰属をめぐる国際紛争東方問題バルカン問題の一部。同地方は1878年ベルリン会議結果オスマン帝国領からオーストリア支配下に移されたが,1908年オーストリアが条約に違反して同地方の併合強行。これが大セルビア主義をかかげるセルビア人の民族感情を刺激して,サラエボ事件を誘発し,第1次大戦の導火線となった。→ボスニア・ヘルツェゴビナ
→関連項目第1次世界大戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android