マイケル ウィンターボトム(英語表記)Michael Winterbottom

現代外国人名録2016 の解説

マイケル ウィンターボトム
Michael Winterbottom

職業・肩書
映画監督

国籍
英国

生年月日
1961年3月29日

出生地
ランカシャー州ブラックバーン

学歴
オックスフォード大学(英文学)

受賞
ベルリン国際映画祭金熊賞(第53回)〔2003年〕「イン・ディス・ワールド」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(第56回)〔2006年〕「グアンタナモ、僕達が見た真実」

経歴
テレビ界出身。1995年「バタフライ・キス」で監督デビュー。以来「ゴー・ナウ」(’95年)、「日蔭のふたり」(’96年)、「ウェルカム・トゥ・サラエボ」(’97年)、「ひかりのまち」(’99年)と一作ごとに違うキャラクター作品を発表。’97年これら5作品が日本で公開された。2003年「イン・ディス・ワールド」(2002年)がベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。他の作品に「めぐり逢う大地」(2000年)、「24アワー・パーティ・ピープル」(2002年)、「Code46」(2003年)、「9 Songs」(2004年)、「グアンタナモ、僕達が見た真実」(2005年)、「マイティ・ハート/愛と絆」(2007年)、「Genova」(2008年)、「Shock Doctrine」(2009年)、「キラー・インサイド・ミー」(2010年)など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android