マス

デジタル大辞泉 「マス」の意味・読み・例文・類語

マス(mass)

集まり。集団。「マスゲーム」
大量。多数。「マスプロダクション」
大衆。群衆。「マスメディア」「マスデモクラシー」
マッス1」に同じ。
[類語](3大衆民衆公衆たみ庶民平民常民人民市民勤労者・生活者・一般人市井しせいの人世人せじん俗衆群衆

マス(Mas)

インドネシア南部、バリ島中南部の村。ウブドの南郊に位置する。木彫の村として知られ、プマハットとよばれる木彫り職人が多く居住する。

マス

マスターベーション」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「マス」の意味・読み・例文・類語

マス

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] mass )[ 異表記 ] マッス
  2. あつまり。集団。かたまり。
    1. [初出の実例]「五分心のランプと、ちょろちょろと燃える木節の囲炉裡火とは、黒い大きな塊的(マッス)とよりこの男を照らさなかった」(出典:生れ出づる悩み(1918)〈有島武郎〉三)
  3. 多量。多数。
  4. 大衆。民衆。
    1. [初出の実例]「マスを顧みず、できるだけむつかしい漢字を使ってみようとしたりする」(出典:鴎外と不俗(1951)〈桑原武夫〉)
  5. マッス

マス

  1. 〘 名詞 〙マスターベーション」の略。〔模範新語通語大辞典(1919)〕
    1. [初出の実例]「マス掻きよったら女はいらんようになったか」(出典:階級(1967)〈井上光晴〉五)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「マス」の意味・わかりやすい解説

マス (鱒)

サケ目サケ科のサケ属,ニジマス属,イワナ属に属するマス類の総称。学術的には,サケ属のサクラマスOncorhynchus masouを指すが,一般的には,味の落ちる魚であるカラフトマスO.gorbuschaを指し,サクラマスはホンマスと呼ばれ区別して使われることが多い。マスと呼ばれる魚としては,このほかにヒメマスニジマス(一般に養殖されているマスは本種),カワマスビワマスマスノスケクニマスなどがある。

 サクラマスには降海型と湖沼型があり,さらに,河川型は,別名ヤマメと呼ばれている。ヤマメは,水温20℃以下の渓流にすみ,生涯パーマークparr markをもち,銀白色の体になることはなく,うろこもはがれにくい。また,背びれの先端部に黒色斑紋の現れることはない。産卵も数回行うことができるが,体長は最大でも30cmほどの大きさにとどまる。

 サクラマスの降海型は,太平洋は利根川以北,日本海側では九州北部以北に分布するが,さらに南方で捕獲されることもある。体型はサケによく似た形をしているが,背びれ,腹びれに黒色斑紋のあること,体背部に黒点が散在すること,内臓の幽門垂の数がサケの約160個に比べ40~50個と少ないことで区別できる。

 生後満3~4年で成熟し,サケと同じように産卵のため母川(ぼせん)へ回帰遡上(そじよう)する。遡上は水温が15~18℃ほどになる5月ころに始まる。このころはまだ生殖腺は未熟で,摂餌も活発に行っている。8~10月ころになると生殖腺も十分発達し,それと同時に絶食状態になる。また,体色も銀白色から茶褐色になり,体側に婚姻色として紫赤色を帯びた雲状斑紋が現れる。産卵場所は,清流の水深30~60cmの砂れき底に形成されることが多く,砂れき底に細長いすり鉢状の産卵床をつくり,産卵・放精後,雌が砂れきを上流から尾,体ではね上げて卵を覆う。産卵水温は11~15℃である。1腹の卵数は,魚体の大きさによって異なるが,1500~1万粒ほどである。しかし,一つの産卵床にある平均産着卵数は1300粒ほどである。卵径は6.2~7mmで,沈性球形卵。

 孵化(ふか)日数は水温8℃で55日,10℃で40日を要し,孵化最適水温は7~11℃である。孵化後,しばらくそのまま砂れきの間に潜在している。その間に,臍囊(さいのう)を吸収して成長し,翌春の4月下旬から5月にかけて浮出してくる。このころには,体長は約30mmほどになっている。体色は灰褐色をなし,体側にパーマークが顕著に認められる。サケと異なりすぐには降海しないで,そのまま河川または湖沼にとどまり,7~8月ころには体長が8~9cmになる。冬には,湧水域あるいは深所に移行して越冬する。孵化後さらに1年経過した翌春3~6月に降海する。降海するころには体長は10~15cmに達する。また,体色も銀白色となり,パーマークが不明りょうとなり,うろこもはがれやすくなっている。しかし,なかにはもう1年とどまって降海するもの,産卵するまでそのまま湖沼に残るものがある。豊富な餌に恵まれた場合には,降海型と同様の成長をとげ,いわゆる湖沼型となり,その後1年を経て産卵に参加する。河川生活期には,微小なプランクトン,水生昆虫,小型の魚などを,海洋生活期には,小型の魚,甲殻類,軟体動物などを摂餌する。大きなもので50~60cmに成長する。

 成魚は,日本海,北太平洋水域一帯に広く生息する。海洋生活期には,水深15m以浅を遊泳しており,1日に移動する距離は,標識放流の結果から18~30kmと推定されている。一本釣り,はえなわ,地引網,角網,刺網などで漁獲されるが,サケに比べて数は少ない。

 サクラマスは,マス類の中ではもっとも美味とされる。時期によっては,サケ類をもしのぐといわれる。海から川へ産卵に遡上を始める初夏のころが最上とされる。塩焼き,ムニエル,かす漬,薫製などにされる。関西では,新鮮なものを刺身にするほど,生のほうが美味である。すしの材料としても昔からよく使われ,富山県,神通川産のマスずしが有名である。なお,シューベルトの《鱒》はブラウントラウトである。
サケ
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「マス」の意味・わかりやすい解説

マス
ます / 鱒

硬骨魚綱サケ目サケ科の魚類のうち、「マス」あるいは「~マス」という名のついた種類の俗称。市場などでは、北太平洋で多産するカラフトマス(別名セッパリマス)の塩漬けしたものをマスとよぶことが多いが、これは日本産のマス(サクラマス)と区別して名づけたものである。実際には両種ともマスとよぶ地方があるが、サクラマスはホンマスまたはママスとよばれることが多く、カラフトマスとは肉質が異なるので実質的にも区別される。また、サクラマスの河川型がヤマメとよばれる魚である。ほかにシロザケ(サケ)をオオメマスとよぶ地方もあるほか、ベニザケの別名にベニマスがあり、この魚の河川型がヒメマスとよばれる魚である。

 サケ・マス類(鮭鱒(けいそん)類)ということばからは、マスとよばれるものはサケ科の一部という印象を受けるが、実際にはサケとよばれるものは少ない。サクラマスは、シロザケ、マスノスケ、ベニザケ、カラフトマスなどと同じく、北太平洋とその周辺海域に特産のサケ属Oncorhynchusの仲間で、マスとよばれる魚類のもっとも日本的なものである。かつては、サクラマスの標準和名としてマスという名を与える傾向にあったが、実用的ではなく、日本魚類学会でも本種の標準和名をサクラマスとすることを提唱している。また、サクラマスが河川へ遡上(そじょう)したものをカワマスとよぶ地方があるが、ほかにカワマスとよばれることがあるものに、北アメリカから移入されたブラウントラウトbrown troutとブルックトラウトbrook troutがある。ブラウントラウトはニジマス属Salmo、ブルックトラウトはイワナ属Salvelinusに含まれる別種である。

 なお、釣り人はニジマスをマスとよぶことがある。このように、マスという名称には、サケ科のサケ属、ニジマス属、イワナ属のある種が「~マス」の名で含まれている。サケ科のなかでもイトウ属(イトウ)はマスとはよばない。

[阿部宗明]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「マス」の解説

マス
ます

アイヌ語に由来すると思われる地名。コタン名・場所名として記録されている。当地一帯は近代に入って蘭越らんこし村に包含された。仮名表記は「ます」(寛政蝦夷乱取調日記・東蝦夷地場所大概書)、「マス」(「蝦夷草紙別録」「西蝦夷地日記」「東蝦夷地道中記」「東蝦夷地場所大概書」「松前地並東蝦夷地明細記」など)と記される。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マス」の意味・わかりやすい解説

マス

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典 「マス」の解説

マス

 サケ科の海産魚.経済上重要な食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のマスの言及

【水産物貿易】より

…所得増加を背景にした水産物需要の増加は,日本での漁獲高が少ないエビ,カニ,魚卵,マグロ等にも向かいはじめ最大の水産物輸入国であったアメリカを78年に追いぬいた。輸入品目としては,冷凍エビをトップ(輸入額の20%強)に近年伸びてきたマグロ(10%),サケ・マス(6%),イカ・タコ(6%)などとなっている(いずれも1995)。エビ,魚卵,タコ,カニ等は国産ものよりも輸入ものに依存する割合が高く,エビとマグロでは日本はアメリカとの2ヵ国で世界貿易の大半を占める。…

※「マス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android