マゼンタ(英語表記)magenta

精選版 日本国語大辞典 「マゼンタ」の意味・読み・例文・類語

マゼンタ

〘名〙 (magenta)
塩基性染料のフクシンの染め色。あざやかな赤紫の色。印刷インキなどの三原色一つ。マゼンタいろ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「マゼンタ」の意味・読み・例文・類語

マゼンタ(magenta)

紫を帯びた紅色印刷インキなどの三原色の一。フクシン。
[類語]真っ赤赤色せきしょく紅色こうしょくくれないべに真紅しんく鮮紅せんこう緋色しゅあけあかね薔薇ばら小豆あずき臙脂えんじ暗紅あんこう唐紅からくれないレッドスカーレットバーミリオンローズワインレッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色名がわかる辞典 「マゼンタ」の解説

マゼンタ【magenta】

色名の一つ。マジェンタとも表記する。JISの色彩規格では「あざやかな赤紫」としている。一般に、みを帯びたのこと。アニリン染料の色名として用いられた。イタリアの古戦場マゼンタの地名に由来する。また、イエローシアンとともに印刷などで用いる色の三原色の一つ。通常カラー印刷ではこれにブラックを加え、それぞれの色の量を加減して重ねて刷る。このように色を重ね合わせることを減法混色という。多く重ねるほど明るさが減り元の色より暗くなる。印刷の場合、日本語で赤とよぶことがある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディア 「マゼンタ」の意味・わかりやすい解説

マゼンタ

フクシン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版 「マゼンタ」の解説

マゼンタ
マゼンタ
magenta

[同義異語]フクシン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のマゼンタの言及

【フクシン】より

マゼンタmagentaともいう。古くから知られた代表的な塩基性染料で,ローズアニリン,パラローズアニリンの別称をもつが,実際にはこれらの混合物である。…

※「マゼンタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android