マルサスの人口法則(読み)マルサスのじんこうほうそく

精選版 日本国語大辞典 「マルサスの人口法則」の意味・読み・例文・類語

マルサス の 人口法則(じんこうほうそく)

マルサスが「人口論」で主張した人口に関する原理。人口は幾何級数的に増加するが、食糧は算術級数的にしか増加しない、従って悪徳貧困は必然的に起こるもので、社会制度欠陥原因ではないというもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android