ムクゲ(木槿)(読み)ムクゲ

百科事典マイペディア 「ムクゲ(木槿)」の意味・わかりやすい解説

ムクゲ(木槿)【ムクゲ】

ハチスとも。東アジア原産のアオイ科の落葉低木。庭木生垣として栽植される。直立してよく分枝し,木はだは灰白色,葉は卵形で多くは3裂し,不整な鈍鋸歯(きょし)がある。8〜9月,葉腋につく花は5弁,径5〜6cmで1日でしぼむ。花色は白,紅紫,底紅(宗旦),また八重咲など園芸品種も多い。白花系統の蕾を乾燥したものが漢方の木槿花(もくきんか)で,胃腸炎などに用いられる。さし木でよくつく。
→関連項目ハイビスカスハチス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android