ムテサ1世(英語表記)Mutesa Ⅰ

改訂新版 世界大百科事典 「ムテサ1世」の意味・わかりやすい解説

ムテサ[1世]
Mutesa Ⅰ
生没年:?-1884

東アフリカ,現在のウガンダ中央部に位置したブガンダ王国の王。在位1856-84年。在位中にはインド洋岸との通商が盛んになり,ヨーロッパ人探検家やキリスト教伝道師が王国を訪れるようになった。彼はキリスト教にも興味を示し,ヨーロッパ人を味方に引き入れて,当時北方勢力を拡大しつつあったエジプト南下を防ごうとした。当時の宮廷の様子は,彼と会見したスタンリーらによりヨーロッパに伝えられた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android