ムルリ,R.(読み)むるり

世界大百科事典(旧版)内のムルリ,R.の言及

【カトリック運動】より

…他方,この回勅は,より根底的な社会革新を求めるキリスト教民主主義にも強いはずみをつけ,この潮流は〈活動団〉の青年層にも多くの支持者を見いだした。そして,その指導者の司祭R.ムルリは,しだいに〈非妥協派〉と敵対するようになった。とくに98年ディ・ルディニ内閣による弾圧にたいして〈非妥協派〉が一挙に穏健化したことにムルリ派は強く反発し,〈活動団〉からの自立と新党結成をめざすようになった。…

※「ムルリ,R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android