メーソン=ディクソン線(読み)メーソン=ディクソンせん(英語表記)Mason and Dixon Line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「メーソン=ディクソン線」の意味・わかりやすい解説

メーソン=ディクソン線
メーソン=ディクソンせん
Mason and Dixon Line

アメリカ,ペンシルバニア州とメリーランド州ウェストバージニア州との境界線。植民地時代,ペンシルバニアの領主ペン家とメリーランドの領主ボルティモア家との間に境界争いが続き,1763~68年イギリス測量士 C.メーソンと J.ディクソンが測量してこの境界線が成立 (全長約 375km) ,84年バージニア西部 (現ウェストバージニア州) まで延長された。その後奴隷州自由州との境界線としてミズーリ妥協案のなかで使用され,現在でも一般に北部南部を分ける線と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版 「メーソン=ディクソン線」の意味・わかりやすい解説

メーソンディクソンせん【メーソン=ディクソン線 Mason‐Dixon Line】

植民地時代のアメリカにおいて,ペンシルベニアとメリーランドとの境界紛争決着をつけるため,イギリス人測量師のメーソンCharles MasonとディクソンJeremiah Dixonが,1763年から4年がかりで引いた境界線。後年,奴隷州と自由州,あるいは南部と北部の境界線として知られるようになったが,元来そうした目的で引かれたものではない。【岡田 泰男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android