メーンランド島(読み)メーンランドトウ

デジタル大辞泉 「メーンランド島」の意味・読み・例文・類語

メーンランド‐とう〔‐タウ〕【メーンランド島】

Mainland
英国スコットランド北岸に浮かぶオークニー諸島の主島。主な町はストロムネスカークウォールスカラブラエの集落跡、円墳メイズホウ、環状列石リングオブブロッガーストーンズオブステネスなど、新石器時代遺跡があることで知られ、1999年に「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」として、世界遺産(文化遺産)に登録された。ポモナ島メインランド島
英国スコットランド北東、シェトランド諸島の主島。中心の町はラーウィック漁業牧羊が盛ん。島の南部にヤールショフの古代遺跡がある。最南端のサンバラ岬バードウオッチングホエールウオッチングの名所としても知られる。メインランド島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android