ヨークシャー(英語表記)Yorkshire

翻訳|Yorkshire

精選版 日本国語大辞典 「ヨークシャー」の意味・読み・例文・類語

ヨークシャー

[1] (Yorkshire) イギリス、イングランド北東部の地方肥沃な農牧業地帯で、石炭鉄鉱石を産し、毛織物鉄鋼を主とするイギリス有数の工業地帯でもある。ヨークリーズなどの都市がある。
[2] 〘名〙 (Yorkshire) ブタ品種。イギリスのヨークシャー地方原産。大・中・小の三形があり、いずれも毛色は白。早熟・多産・強健で、哺育も巧みとされる。世界各地で飼育され、日本には中形種が多い。肉質は優良で、生肉・加工の両用に適する。
南小泉村(1907‐09)〈真山青果〉七「ヨウクシャとか云ふ内国雑種の豚を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ヨークシャー」の意味・読み・例文・類語

ヨークシャー(Yorkshire)

英国イングランド北東部の地方。中心都市ヨークリーズなど。ヨークシャー炭田があり、毛織物・機械工業が盛ん。
豚の一品種。ヨークシャー地方の原産。白色で丸い体形をし、肉質がよい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ヨークシャー」の意味・わかりやすい解説

ヨークシャー
Yorkshire

イギリス,イングランド北部の地方。1974年までは単独の州を形成し,面積はイングランド最大の6123km2,人口504万7567(1971)で,ヨーク市とイースト,ウェスト,ノースの各ライディングriding(行政区)に区分されていた。しかし,74年の行政区画改革によってイースト・ライディングの大部分はハンバーサイド州に,ノース・ライディングは大部分がノース・ヨークシャー,一部がクリーブランド州になり,さらにウェスト・ライディングは北部がノース・ヨークシャー,中部ウェスト・ヨークシャー,南部がサウス・ヨークシャーにそれぞれ分割,再編された。

 東は北海に臨み,北はティーズ川,南はハンバー川を境界とし,西部ではペナイン山脈を含む広い領域を有する。中央にはベール・オブ・ヨークVale of York(ヨークの河谷)と呼ばれるウーズ川水系の肥沃な平野が南北に細長く横たわるが,北東部に石灰岩のノース・ヨーク・ムーアズNorth York Moors,南東部にチョークのウォールズThe Woldsの各丘陵があり,また西部には石灰岩,砂岩,石炭層で構成されるペナイン山脈が縦走して,変化のある地形を呈している。このうち平野部では穀物栽培が行われるが,丘陵では粗放的牧羊や酪農が卓越する。中世から盛んな羊毛工業のほか,ヨークシャー炭田,クリーブランド鉄山を有するため産業革命以後は鉄鋼業も発展した。現在はリーズ,ブラッドフォードが羊毛工業の,シェフィールド,ミドルズブラが製鉄,機械工業のそれぞれ中心である。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ヨークシャー」の意味・わかりやすい解説

ヨークシャー
Yorkshire

イギリスイングランド北部の旧県名。1974年の自治体再編により廃止。大部分は今日のノースヨークシャー県ウェストヨークシャーサウスヨークシャー,およびランカシャー県カンブリア県,またイーストライディングオブヨークシャーキングストンアポンハルストックトンオンティーズミドルズブラレッドカー・クリーブランドヨークダラムの 7単一自治体(ユニタリー unitary authority)に相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「ヨークシャー」の意味・わかりやすい解説

ヨークシャー

英国,イングランド北東部の地方。北はティーズ川,南はハンバー川で限られる。西部のペニン山麓では石炭(ドンカスターなど)を産出し,羊毛(リーズ),鉄鋼(シェフィールド)などの工業が盛ん。中央部はウーズ川流域の肥沃な平野で,農業・牧畜が行われる。北東部,クリーブランド丘陵の鉄鉱の産を背景に発達したミドルズブラの鉄鋼業も重要。かつては単独の州としてイングランド最大の州であったが,1974年の行政区画改革によって,ノース・ヨークシャー,クリーブランド州の一部,ハンバーサイド州,ウェスト・ヨークシャー,サウス・ヨークシャーに分割・再編された。これらを合わせて6123km2。393万1900人(1991)。
→関連項目イギリス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のヨークシャーの言及

【イングランド】より

…もっとも,高地とはいえ,イングランドの最高峰はレーク・ディストリクト(湖水地方)のカンブリア山脈にあるスコーフェル山Scafell Pike(978m)であり,ヘルシニア山系に属するペナイン山脈や南西イングランド高地も波浪状高原となっている。一方,低地にもドーバーの白亜崖で有名なノース・ダウンズ丘陵をはじめ,ソールズベリー,チルターン,コツウォルド,ヨークシャーの各丘陵が扇形に広がり,それらの間に粘土層の河谷が介在してケスタ地形を呈している。このため規模の大きな平野は,イースト・アングリア地方やフェンランド低地など東部で展開するにすぎない。…

※「ヨークシャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android