ルール(英語表記)rule

翻訳|rule

デジタル大辞泉 「ルール」の意味・読み・例文・類語

ルール(rule)

規則規定。きまり。「ルールに従う」「ルールを無視する」「ルール違反」
[類語]規則きまり規約規程規定規律本則総則通則細則付則定則概則おきて定め約束コード規矩準縄条規

ルール(Ruhr)

ドイツ北西部、ライン川と、その支流リッペ川ルール川とに囲まれた地域。ノルトライン‐ウェストファーレン州の中心に位置する。ヨーロッパ最大の工業地帯で、19世紀からルール炭田背景に発達し、ドルトムントエッセンデュッセルドルフボーフムなどの都市が連なる。第一次大戦後の1923~1925年は、ドイツの賠償支払の遅延を理由にフランスが占領して国際危機を招いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ルール」の意味・読み・例文・類語

ルール

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] rule ) 規則。規定。特に、競技遊戯について用いる。
    1. [初出の実例]「其第一例規(ルール)に曰く」(出典:明六雑誌‐三九号(1875)人生三宝説・二〈西周〉)

ルール

  1. ( Ruhr ) ドイツ西部の大工業地帯。ルール川・リッペ川・ライン川に囲まれた地域で、鉄鋼業を主とする重化学工業が発達している。第一次世界大戦以来、しばしば国際紛争要因となった地方

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ルール」の意味・わかりやすい解説

ルール
Ruhrgebiet

ドイツ西部,ラインラント・ウェストファーレン工業地域(ライン・ルール経済圏)の中核をなし,ヨーロッパ最大の工業集積地域。行政的には〈ルール炭田地区都市連合〉に属する11都市,4郡から成り,4970km2の地域に約560万(1982)の人口を擁する。しかし1957年以降炭鉱危機のため構造不況に見舞われ,人口も停滞ないし減少傾向にある。19世紀以降この地域を急激に発展させた地勢的条件は,交通の便とルール炭田の豊富な炭層である。交通は歴史的な東西軸ヘルウェークHellwegと南北軸ライン川を基軸として,鉄道網,運河網,高速道路網が発達している。炭層はルール渓谷より3%の傾斜角で北部に広がり,1830年代の深部採炭の開始は炭鉱業と鉄鋼業の結合を可能にして,重化学工業の巨大な中心地が形成された。今日では産業構造の転換が立地移動を伴って進行中であり,炭鉱業はルール石炭(株)(1968設立)に集約され,鉄鋼業はライン川沿いに集中しつつある。また重工業を補完ないし代替する新部門として,石油精製,石油化学,アルミニウム精錬,自動車,電機,繊維等の諸工業が移植された。膨大な工業用水需要と廃水処理に対応するため,ルール,リッペ,エムシャー3河川を管理する多数の水利協同組織が生み出されている。

 ルール地域は炭鉱業の重心が北漸するにつれて拡大するという発展的地域構造が特徴的であるが,今日,ルール,ヘルウェーク,エムシャーEmscher,ベストVest,リッペの5地区に分かれ,さらにライン川左岸域にも広がりつつある。また,とくにベスト地区には19世紀末以降移住したスラブ系住民の比率が高い。地域再開発と関連して1960年代以降,ボーフム,ドルトムント,エッセン,デュースブルクに大学が新設された。かつて〈ドイツ兵器厰〉であったことから,第1次大戦後フランス・ベルギー軍による占領(1923-25),第2次大戦後アメリカ,イギリス,フランス,ベネルクス6ヵ国による国際管理(1948-53)の歴史を持ち,ルール地域の処理がノルトライン・ウェストファーレン州の成立にもかかわっている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ルール」の意味・わかりやすい解説

ルール

ドイツ北西部,ライン川の支流ルール川とリッペ川の間に広がるヨーロッパ屈指の工業地帯。ルール炭田を中心に,19世紀後半以来鉄鋼・機械・金属・化学工業が発達し,エッセンドルトムントなどの工業都市がある。1923年―1925年フランスが占領(ルール問題),第2次大戦で大きな被害を受けた。
→関連項目炭田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ルール」の意味・わかりやすい解説

ルール
るーる

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のルールの言及

【エキスパートシステム】より

…すなわち,エキスパートシステムでは,知識を用いて対象となる問題空間を表現し,その空間を探索することで解を導く。現在のエキスパートシステムの多くは,ルールとフレームに基づく知識表現と推論方式を用いている。以下ではルールを処理するプロダクションシステムの方式について解説する。…

※「ルール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」