レスボス

百科事典マイペディア 「レスボス」の意味・わかりやすい解説

レスボス[島]【レスボス】

エーゲ海東部,トルコ本土から約10kmにあるギリシア領の島。最高点は標高968m。地中海式気候で,オリーブブドウタバコ海綿などを産する。大理石マグネシアが採掘される。イワシ漁も盛ん。古代イオニア人の植民地で,前7―前6世紀は商業の中心として繁栄。1462年―1912年トルコ領。女性詩人サッフォー生地で同性愛が盛んであったと伝えられ,レズビアンの語はここから出た。中心都市はミティリニ。2154km2。10万9118人(2001)。
→関連項目アルカイオスロンゴス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android