ングニ諸族(読み)ングニしょぞく(英語表記)Nguni peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ングニ諸族」の意味・わかりやすい解説

ングニ諸族
ングニしょぞく
Nguni peoples

アフリカ南部に居住するバンツー語系諸族総称。 (1) 南部の本来の土地に住むズールー族コーサ族スワジ族,(2) ジンバブエンデベレ族,(3) 北マラウイ,ザンビアタンザニアモザンビークなどのンゴニ族,の文化・言語・社会的に多様な主要3集団に大別できる。以前から牛の略奪はあったが,18世紀後半には民族集団間の征服戦争が始り,一氏族にすぎなかったズールー族が 19世紀に強大な軍事国家を建設すると,ケープにフィンゴ族が興ったり,ズールー語を話す人々が一体化されるなど,ングニ諸族の編成は大きく変化した。一般にングニ諸族は,とうもろこし,雑穀などの焼畑耕作を伴う牧畜民で,外婚制父系氏族が地域単位と民族集団の核になる傾向が強い。出自,地位の継承,財産の相続も父系をたどる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android