ンダカ族(読み)ンダカぞく(英語表記)Ndaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ンダカ族」の意味・わかりやすい解説

ンダカ族
ンダカぞく
Ndaka

中央アフリカ,特にコンゴ民主共和国北東のイトゥリの森に住むバンツー語系諸族 (バビラ族,レセ族,ンダカ族) の一民族。バンダカ族 Bandakaともいう。森の西部地区を占める。生業としてキャッサバイネ豆類を栽培する開墾農耕民。森林などで狩猟採集を行なう狩猟採集民と対照的に,森林を危険で悪霊の住むところと恐れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android