一万田 尚登(読み)イチマダ ヒサト

新訂 政治家人名事典 明治~昭和 「一万田 尚登」の解説

一万田 尚登
イチマダ ヒサト


肩書
元・蔵相,元・衆院議員(自民党),日本銀行総裁(第18代)

生年月日
明治26年8月12日

出生地
大分県野津原町

学歴
東京帝大法学部政治学科〔大正7年〕卒

経歴
大正7年日銀入りし、昭和17年考査局長、19年理事。名古屋、大阪各支店長を歴任後、21年第18代総裁となり、29年10月までの8年5か月間在任。戦争直後のインフレ収束など戦後日本の経済安定に尽くす一方資金調達に悩む金融、産業界に多くの日銀出身者を送り込み、“一万田法王”と呼ばれた。26年9月のサンフランシスコ講和会議全権委員として参加。総裁辞任後は鳩山内閣岸内閣で4期蔵相を務め、また30年2月から44年12月まで衆院議員に当選を重ねたが、成長政策を奉じる池田勇人に敗れた格好で政界を引退した。

受賞
国際基督教大学名誉法学博士号 シラキュース大学名誉博士号

没年月日
昭和59年1月22日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

20世紀日本人名事典 「一万田 尚登」の解説

一万田 尚登
イチマダ ヒサト

昭和期の銀行家,政治家 日本銀行総裁(第18代);元・蔵相;元・衆院議員(自民党)。



生年
明治26(1893)年8月12日

没年
昭和59(1984)年1月22日

出生地
大分県野津原町

学歴〔年〕
東京帝大法学部政治学科〔大正7年〕卒

主な受賞名〔年〕
国際基督教大学名誉法学博士号,シラキュース大学名誉博士号

経歴
大正7年日銀入りし、昭和17年考査局長、19年理事。名古屋、大阪各支店長を歴任後、21年第18代総裁となり、29年10月までの8年5か月間在任。戦争直後のインフレ収束など戦後日本の経済安定に尽くす一方、資金調達に悩む金融、産業界に多くの日銀出身者を送り込む。26年9月のサンフランシスコ講和会議に全権委員として参加。総裁辞任後は鳩山内閣、岸内閣で4期蔵相を務め、また30年2月から44年12月まで衆院議員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「一万田 尚登」の解説

一万田 尚登 (いちまだ ひさと)

生年月日:1893年8月12日
昭和時代の銀行家;政治家。日本銀行総裁;衆議院議員
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android