一刹那(読み)いっせつな

精選版 日本国語大辞典 「一刹那」の意味・読み・例文・類語

いっ‐せつな【一刹那】

〘名〙 きわめて短い時間。一瞬間。→刹那(せつな)
教行信証(1224)三「三業所修、一念一刹那、無清浄
徒然草(1331頃)九二「況んや一刹那のうちにおいて、懈怠の心ある事を知らんや」 〔仁王経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「一刹那」の意味・読み・例文・類語

いっ‐せつな【一刹那】

ごく短い時間。一瞬間。刹那。「目を離した一刹那事故が起こった」
[類語]瞬間一瞬瞬時刹那とっさ寸時片時数刻寸刻一刻束の間たまゆら須臾しゅゆ電光石火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android