一銭(読み)いっせん

精選版 日本国語大辞典 「一銭」の意味・読み・例文・類語

いっ‐せん【一銭】

〘名〙
延喜式(927)三七「元日御薬〈略〉度嶂散一剤〈略〉平旦以温酒一銭匕
徒然草(1331頃)一〇八「一銭軽しといへども、これを重ぬれば」
③ 一円の百分の一の価。明治四年(一八七一新貨条例で定められ、この価額を持つ補助貨として、銅貨青銅貨、黄銅貨、アルミニウム貨、錫(すず)貨などが流通したが、昭和二八年(一九五三)一二月末限り通用禁止となった。〔広益熟字典(1874)〕
④ ほんの僅かなことのたとえ。
※実隆公記‐延徳三年(1491)六月五日「於身無一銭之姧謀
随筆兎園小説(1825)「以来結髪之総名を一銭と可唱者也と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「一銭」の意味・読み・例文・類語

いっ‐せん【一銭】

貨幣単位。→
わずかな金額。「一銭にもならない仕事」「一銭を笑う者は一銭に泣く」
一文いちもん、また一文銭のこと。
一銭」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android