上天(読み)じょうてん

精選版 日本国語大辞典 「上天」の意味・読み・例文・類語

じょう‐てん ジャウ‥【上天】

〘名〙 (「しょうてん」とも)
① そら。天。あめ。⇔下土(かど)
※本朝文粋(1060頃)一・視雲知隠賦〈大江以言〉「雲生上天。人託下土
歌謡・山家鳥虫歌(1772)上・近江美濃「上天の星は末代変らず」 〔詩経‐小雅・小明〕
天上界のうち、すぐれている方の天。⇔下天(げてん)
※反故集(1671)上「上天(ジャウテン)の極果に、八万劫の楽(たのしみ)有といへども」
天帝上帝天上にある神。造物主。
※続日本紀‐慶雲二年(705)四月壬子「不徳感上天仁及黎庶
俳諧・俳諧世説(1785)三「かくて身にあやまりなき申ひらき上天(シャウテン)に通じ」 〔書経‐仲虺之誥〕
④ (━する) 天にのぼること。昇天
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)四「ぜずきりしとよみがへり玉ひてより四十日めにおりべてといへるやまより御(ご)じゃうてんなされたる事」 〔史記‐封禅書〕
⑤ 四季の天の一つ。冬の天。《季・冬》 〔俳諧・増山の井(1663)〕 〔爾雅‐釈天〕
⑥ 上等のてんぷら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「上天」の意味・読み・例文・類語

じょう‐てん〔ジヤウ‐〕【上天】

そら。天。天上。⇔下土かど
天上界の中ですぐれている方の天。⇔下天げてん
天帝。上帝。
ペロピダス武術の勝りしにや、た―のたすけにや」〈竜渓経国美談
天にのぼること。昇天。
四天の一。冬の天。
[類語](1天空天穹てんきゅう穹窿きゅうりゅう蒼穹そうきゅう太虚たいきょ天球青空青天井ちゅうくう空中虚空こくう中空ちゅうくう中天上空大空低空高空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「上天」の読み・字形・画数・意味

【上天】じよう(じやう)てん

天空。また、上帝。〔書、泰誓上〕今王受(紂)、上天を(つつし)まず、災ひを下民にす。忠良を焚炙(ふんしや)し、孕(ようふ)を刳剔(こてき)す。

字通「上」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android