上空(読み)ジョウクウ

デジタル大辞泉 「上空」の意味・読み・例文・類語

じょう‐くう〔ジヤウ‐〕【上空】

空の上の方。また、ある地点の上にある空。「上空に舞いあがる」「東京上空
[類語]天空天穹てんきゅう穹窿きゅうりゅう蒼穹そうきゅう太虚たいきょ上天天球青空青天井ちゅうくう空中虚空こくう中空ちゅうくう中天大空低空高空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「上空」の意味・読み・例文・類語

うわ‐の‐そらうは‥【上空】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 空の上の方。天の上。
    1. [初出の実例]「山のはの心もしらでゆく月はうはの空にて影やたえなむ」(出典:源氏物語(1001‐14頃)夕顔)
  3. ( 形動 ) 心がうきうきして落ち着かないさま。よそに心が奪われて、あることに注意が向かないこと。
    1. [初出の実例]「うはの空なる心ちのみしつつあかしくらすを」(出典:源氏物語(1001‐14頃)薄雲)
  4. ( 形動 ) 漠然として雲をつかむようなさま。根拠のないこと。
    1. [初出の実例]「かりのなくうはの空なる涙こそ秋の袂の露とおくらめ」(出典:是貞親王歌合(893))
  5. ( 形動 ) 軽々しいさま。無責任なこと。
    1. [初出の実例]「かくうはの空に御局あるまじかめるものを、いといとほしきわざかな」(出典:落窪物語(10C後)二)
    2. 「恋の山、ちくさに思ひあまりてや、うはのそら成御有様」(出典:浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)四)

じょう‐くうジャウ‥【上空】

  1. 〘 名詞 〙 そらの上の方。高いそら。また、ある地点の上にあるそら。
    1. [初出の実例]「其音飈の如し忽ちにして上空に消逸す」(出典:竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と虚空)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android