事績(読み)じせき

精選版 日本国語大辞典 「事績」の意味・読み・例文・類語

じ‐せき【事績】

〘名〙 ある人の成しとげた仕事と、その功績業績
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「二人は尚ほも巴氏に向ってテセス王の事績を問ひければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「事績」の意味・読み・例文・類語

じ‐せき【事績】

事業とその功績。成し遂げた仕事。業績。「輝かしい事績を残す」
[類語]業績足跡成果収穫結実実り金字塔遺産実績成績偉業遺業勲功偉功治績功績功労手柄殊勲偉勲巨歩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android