代行(読み)ダイコウ

デジタル大辞泉 「代行」の意味・読み・例文・類語

だい‐こう〔‐カウ〕【代行】

[名](スル)当事者支障があるときなどに、代わってその職務を行うこと。また、その人。「事務手続きを代行する」「学長代行
[類語]代わり代物別物代表代替代替わり代用代理身代わり肩代わり代わる代える入れ代わる成り代わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「代行」の意味・読み・例文・類語

だい‐こう‥カウ【代行】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 本人に代わって行なうこと。本来の職にある者に故障があるときなどに、その職務を代わって行なうこと。また、その人。
    1. [初出の実例]「又は之を代行する者を選任することを得」(出典:商法(1899)二七〇条)
  3. ある物事の代わりとして行なったり認めたりすること。
    1. [初出の実例]「パブリック・スクールのあるものはこれを入学試験の代行として取扱い」(出典:自由と規律(1949)〈池田潔〉その制度)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「代行」の読み・字形・画数・意味

【代行】だいこう

代理。

字通「代」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android