会談(読み)かいだん

精選版 日本国語大辞典 「会談」の意味・読み・例文・類語

かい‐だん クヮイ‥【会談】

〘名〙 寄り集まって話をすること。面会して話し合うこと。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「会談」の意味・読み・例文・類語

かい‐だん〔クワイ‐〕【会談】

[名](スル)会って話し合うこと。また、その話し合い。「外国の首脳会談する」
[類語]会合ミーティング集会寄り合い集まり座談会集いまどい団欒討論討議密議衆議シンポジウムディスカッションパネルディスカッションフォーラムフォーラムディスカッションディベート合議協議謀議評議審議会議相談打ち合わせ下相談談合示談話し合い商議評定ひょうじょう鳩首きゅうしゅ凝議ぎょうぎ内談会う対面する面会する会見する会する落ち合う目通りする引見する接見する謁見する面接する面談する見合い顔合わせお目にかかるまみえる拝顔する拝眉する拝謁する見参する謦咳けいがいに接する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android